富津火力作業所

入社年:平成27年
卒業学科:工業科
Y.O.

先輩インタビュー

チバコーを知ったきっかけ、入社を決めた理由を教えてください。
チバコーという会社を知ったきっかけは、学校の先輩がチバコーにいることがきっかけで会社のことを知りました。そこから自分でHPを見てどんな仕事をしているかを知りました。
入社を決めたきっかけは職場見学した際、電力の安定供給を支える重要な仕事と聞き、自分も社会に貢献できるような仕事に就きたいと感じ入社を決めました。また実際に先輩方が何十トンもある大型機械を相手に仕事をしている姿を見て、こんな風に自分も働いて見たいと思ったのも一つの理由です。
チバコーのどんなところが魅力的だと思いますか。
チバコーの魅力は先輩、上司、後輩ともに皆仲がとても良いところだと思います。仕事の相談はもちろん、仕事以外のことも親身になって相談になってくださる優しい先輩方がたくさんいると思います。自分も入社当時、右も左もわからない状態でしたが、今まで仕事を続けていられるのはそんな先輩方のおかげだと思います。
また仕事内容は電力の安定供給を支える重要な仕事で社会に貢献できる唯一の仕事として誇れるところも魅力だと思います。
仕事をしていてどんなときにやりがいを感じますか。
やりがいを感じる時は、大きな工事を無事に終わらせることができた時です。同じ機械でも機械によって癖があり思い通りに作業を進めることができないことが事があります。そんな時、上司や先輩方と協力し知恵を貸してもらうことで乗り越えることができ、今まで頑張って来ることができました。そして工事が終えるたびにやりがいを感じ、次も頑張ろうという気持ちになります。
記憶に残っている仕事でのエピソードはありますか。
入社して初めて定検を経験したときは今でも記憶に残っています。初めてということでなにも分からず右往左往していたことを覚えています。聞いたことのない機械や工具を相手にただ言われるがままに作業をしていました。今でもわからないことは多く、とても大変ですが日々勉強だと思い頑張っています。
仕事をするうえでのこだわりや心がけはありますか。
仕事をするにあたり心掛けていることは分解、組立における正確性です。自分たちの仕事は100分の1ミリ単位の精密さを要求される機械を相手に仕事をしています。正確に分解、計測、組立をできなかったために機械の破損や、設備の不適合へ繋がってしまいます。それだけではなく会社の信頼を失ってしまうことにもなります。そうならないよう常に一生懸命仕事に取り組んでいます。
休日はどのように過ごしていますか。
仕事が忙しい反面、家ではゆっくりしていることが多いですが、連休の時などは趣味に使ったりしています。また仕事柄時間が合いませんが友達と遊びに出かけたりします。自分は仕事ばかりで疲れたからと言って家にずっといるのも気がめいってしまうタイプなので、時間があれば積極的に外に出てリフレッシュしてくるようにしています。
今後の目標を教えてください。
今発電所では改造工事や更新工事などが続き、また工期短縮で厳しい工程の中での作業が続いています。客先に求められているものに応えるためには、ひとりひとりが高い技術力を身に付けることが必要になってくると思います。自分も客先の期待に応えられるよういち早く技術を身に付け、チバコーの戦力となれるよう頑張って行きたいです。